道端で輝く若葉

雨が降りしきる中、道端で輝く若葉を見つけた。

小さくても凛として、全身で雨を受け止めている。
大きな私は、頭を垂れて泣いてばかりいるというのに。

若葉は大地にしっかりと根を張り、力強く葉を広げ、
大粒の雨に打ちつけられ、強い風が吹く中でも
なんの迷いもなく、まっすぐに空を見上げていた。

若葉は無言で、私に語りかける。
「力強く、生きろ」と。

道端で輝く若葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください