公園で遊ぶ子どもたち

無邪気に走り回っていた幼少期は、
もっと世界は広かった。

空の青、葉っぱの緑は、
もっと鮮やかだった。

色あせていく思い出の中で、
一部の記憶が鮮明によみがえる。