近すぎず、離れすぎない距離を保ち
相手を支配しようとせず、思いやる気持ちを忘れず
アドバイスするのではなく、話を聴く側にまわり
歩みを止めた人を背中を強引に押すのではなく、
歩み出すまで静かに見守り、
歩幅を合わせながら共に歩み始める。

深い悲しみを抱えた母親たちに笑顔が戻るまで、
私は時間をかけて彼女らと向かい合いたいと思う。

鱗雲と鳥 深い悲しみを抱えた母親たちに笑顔が戻るまで